chaikoの日記




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
クリスマスの夜に・・・ :: 2014/12/25(Thu)

長い間 パソコンも スマホもお休みしてしまったわ。

特に理由もないのだけど ある日、そんな気持ちになって放置してしまったの。
そうしたら 1日24時間が 26時間ぐらいに伸びたような気がしました。

大掃除も もうすることはあまりないの。
あちこち 気になるところは掃除済み!

年賀状も書いちゃったよ。

そして、どんどん小さくなっていく「彼」・・・
あっ・・・そうだ。
こんなふうにネットから遠ざかってしまったのは・・・
「彼」のことが原因でもある・・・と 今 思う。
見るに耐えられなくなってしまったのだ。だろうか?
はっきりと確信は持てないけれどね。
いくつもの想像のストーリーが浮かんでは消えて 消して
もう そんな想像をするのに疲れてしまったのかも・・・

だって 彼の気持ち・・・彼にしかわからない。
わたしは真実を知る術もないし、知る権利なんてないし
彼にだって 測りかねる気持ちだったかも知れないし

遠くに行って しばらくして それでも二人の友だちが便りをくれた。
「どうしているの?元気ですか?」

10年もの間、たくさんの友達を作り そして 別れもあったけど
その中には わたし自身が切っちゃった縁も多々あったけど

便りをくれた二人は 一点の疑いもなく わたしが信じる わたしの友だちだと思える人でした。

ささやかに忘年会もしました。
それは 新しい友だちと。
年上だし 韓国語の学校の人だから 「オンニって呼んでもいい?」って言いたい人。
まだ、呼べないけどね。
日本人のわたし・・・日本で生まれ育ったけど韓国の緑のパスポートを持つ その人。
日本の中で韓国のしきたりを守る生活のお話を聞かせていただいて 知らなかった世界を教えていただいています。

切れそうで 切れない。
「彼」との縁繋がりなんだね。

そして、毎年いただくクリスマスの彼の声が届きました。
「こんなに早口だったっけ?」
そう思った。
それでも、訳を見なくても だいたい話している内容はわかるようになった。
これも 10年間の「愛」かも知れません。
うん、これも「愛」なんだよ。
そういう形でしか わたし 彼への「愛」を実践する道がなかったんだもの。
時々、くじけそうになるの。今・・・
でも 韓国語の勉強は止められないんだよ。

1日の時間が延びたんで(笑)
お風呂もゆっくり半身浴なの。
お風呂の中で読書してるの。

今日、読み終わったのは「世界から猫が消えたら」という本。
猫っていうのは象徴なんだね。
本の中にある記述。
「フ―カフ―カした存在」
わたしの世界から○○が消えたら・・・?
「彼」が消えたら?
ふと そんな想像をしてしまったよ。

本の中にある「映画」が消えたら・・・それに等しい。
「タ―ミネ―ター」の予告編を観た時のドキドキ・・・
やっぱり「消えない・・・消せないよ」

これも本の中の記述なんだけど
家族って「ある」ものではなくて「する」ものなんだよね。

夫婦なんて1年や2年で な~んもわからんよ。
何年もかけて築く絆が夫婦を形作るんだ・・・
結○十年の わたしから 彼への言葉。

彼女を消せないと思ったなら・・・大切にしてあげて
わたしは男の気持ちはわからない。
軽い気持ちで起こった出来事でも 妻には深い傷を残すの。

わたしは若くして結婚したのもあるけど 夫の女性問題ではすこ~し傷を持っていますのだ。告白。
夫にとっては もう忘れちゃうような出来事でも わたしは時々、未だに思い出す。
何年も昔の事でもね。
それで、時々、夫を苛めちゃいたくなる時があるよ(爆)

幸せに暮らしてください。
「フ―カフ―カした存在」って失くした時にわかるものかも知れないよ。
難しいね。

今年、失くしたもの・・・
失くしそうになった「彼」
でも、来年への期待があるから!
わたし、まだ側にいるね。
来年のクリスマスには もっとゆっくり話して・・・
もう長い友だちなんだから・・・
なごり惜しいように・・・

クリスマスの夜に・・・


スポンサーサイト
  1. 日々の泡
He is back :: 2014/12/04(Thu)

無念を晴らして

ファンのためにもね。

待ってるわ!





  1. ビョンホン
  2. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。