chaikoの日記




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
借景です :: 2014/03/30(Sun)

madokaranosakura2014.jpg

せっかく桜が咲いたのに 雨
つまらないわぁ・・・
散歩にも行けないわ~残念
まだ しばらくの間は咲いているよね。

上の写真は台所の窓から撮りました。
他所のお宅のお庭ですぅ ズームですぅ

わたしはいつもこの景色を見ながら、お炊事をしているわけです。ハイ
四季折々の借景です。

今日のお献立は豆腐とひき肉のハンバーグにしたのね。
以前、豆腐のハンバーグを作った時、水っぽくなったので、今日は豆腐の水切りを十分にしなくちゃ・・・
そういうことで一回、豆腐を茹でてみました。
今、冷ましてます。

菜の花もお浸しにしようと思って、お出汁を冷ましてます。

後は夕方に続きを作ろう。

窓から景色を見ながら家事をしていて・・・思い出すわ。
先日のイ・ビョンホンさん。
楽しかった・・・しみじみとかみしめてます。

そして、ひとりのわたしにお隣の二人組の方々が声をかけてくださって、本当にうれしかったの。
たいした話はしていないんですけど、よかったねぇ・・・よかったねぇ
そればかり 繰り返していたんだけどね(笑)

このブログでも、時々、お話してくださる方が「じんわ~り」と心を暖めてくださいます。
思い出話も重なる「お付き合い」ですね。

「近くに住んでいたら、良いともだちになれたのに・・・」
そんなこと、言ってくださった方・・・うれしかった。
ありがとう。

雨もやんだのかな?
ウグイスの声が時々聞こえてきます。

しっとりとした春の風が吹いています。


スポンサーサイト
  1. 今日のわたし
  2. | comment:0
可愛らしくも淋しげでした :: 2014/03/29(Sat)

baramurasaki.jpg

桜も咲いて来ましたね。

あたしは今日、ミニバラを植えてみました。
お花屋さんの赤いミニバラの鉢植えの群れの中で、一株だけ淡い紫色のバラを発見したの。
妙に気になる・・・ 淋しげな可愛らしさ。

我が家のベランダは南向きで 夏には猛暑です。
暑さに耐えてくれるといいけど・・・

今日は「我が家にいらっしゃい記念」
写真を撮ってみました。またもやピンボケ~




  1. 今日のわたし
  2. | comment:0
恋人 :: 2014/03/27(Thu)

yousei201403251.jpg

本当に夢のような時間でした。

出入り口に近い後ろの席も彼が幸運に変えてくれました。
光の中で美しい人でした。
気が付いたら、いつのまにか・・・立って「いつか」を歌っていました。

ステージに何回も立っているのに、いつも初々しいんだ。
お口を「む~~~っ」ってする時は恥ずかしい時かなぁ。
あの表情は こんな時しか見られない。
一瞬の可愛い男の子の顔。
少年を通り越して、子供のような無垢な純粋ささえ感じたよ。

ファンのお話は本当に真面目に心から聞きたいんだね。
鋭い質問が本当に真面目で、ステージの上にいても目線がファンと同じ高さなんだ。

いきなりマイクを持たされて大勢の人に前で突っこんだ質問されても、緊張しちゃって頭が真っ白になっちゃうよね。
そんな人に「ごめんね」って一言添えるところも彼らしいね。

最後のお手紙の言葉に胸がいっぱい。。。
わたしもわたしの場所で一生懸命にがんばるね!って誓いました。

夕暮れの大阪・・・梅田の阪急百貨店のディスプレイ。
妖精がたくさん花の中で遊んでいました。
夢心地のまま、シャッターを押したの。

帰りの荷物はデパートの食品売り場で買ったお惣菜。
思いっきり現実よ~~(笑)
これが結婚生活ですな・・・

そんな生活の中で夢の中の恋人・・・ただひとり。
いても良いよね?
ず~~と ときめかせて・・・
「きゃ~~~っ」って叫ばせて・・・

もう彼を「ともだち」って無理に思わな~い!あれ?(笑)
わたしはあなたを永遠の心の中の恋人にしておきます。
あなたが「ともだち」って言っても~~(爆)
だって、わたし 女だも~ん。
でも、十分に大人の女なんで安心してね。
淋しい涙とはさようなら~

ありがとう。
イ・ビョンホンさん。

今度は素敵なあなたとスクリーンでお会いするのを楽しみにしています。



  1. ビョンホン
  2. | comment:2
バッグの中に :: 2014/03/21(Fri)

特に書くこともないほどの平穏さです。

もうブーツも季節外れになりつつあるので靴を買いに行ったり、郊外のアウトレットに行ったり~
神戸に船を見に行ったり・・・

それなりに、お出かけしているんだけど。

西宮ガーデンズには週に2回ぐらい行ってウロウロしています。暇ね~~(汗)
特に何を買うって目的じゃなくても、時々、可愛いものに出会います。

高い物は買えなくても、ちょっとしたもの、お小遣いの範囲でお買いモノするだけでも帰り道に幸せ感じるの。
美味しいパンでも、ハンカチ1枚だってね。

最近買ったお気に入りはバッグの中にあるの。
ほら・・・バッグの中を見た時、うれしくなるんだ。

お化粧ポーチ

po-ti.jpg
裏地がショッキングピンクなの

そして、いくつになっても こんな物も好きで困っちゃうね。

kiirokuma.jpg
これはディズニーのキャラクターらしいけど・・・なんていう名前なんだろう?
黄色いクマちゃん。
西宮ガーデンズにディズニーストアができたんだよ(喜)

わたしは車の運転ができないので、いつも助手席です。
高速道路の合流地点がとっても怖いの。
大きなトラックが前に強引に割り込んで来た時なんか、このクマちゃんをギュ―って握りしめて目を閉じてまふ(笑)

このスマホケースはJUJUちゃんのコンサートグッズで 黒いポンポンはビョンホンさんのフィルムツアーの時のストラップの1部で・・・大好きコラボレーション


  1. お買いもの
  2. | comment:2
花咲くまで :: 2014/03/15(Sat)

umeshiro2014.jpg
これは2月26日の白梅ちゃん

桜の花の芽が一日一日ふくらんでいくの。
毎日通る公園にて・・・
寒くても、微かな春の気配をちゃんと察知する なんて不思議な桜ちゃん。
梅子から バトンタッチする日も近いはず。

雪の下の土の中に寒さに耐えながらも、春を待つ
お花の種が待ちかねた日射し
雪の下の冷たい土の中の真っ暗な世界で養分をいっぱい蓄えたんだね。

今日は、韓国語学校の終了日でした。
今年度は皆勤賞なんだよ。
それだけのことなんだけど~~
自分を誉めてあげましょうかね(笑)
実力とは関係なくね。
1年間、勉強するの 楽しかった!
4月から また がんばらず(爆)
ただ、韓国語とは永くお付き合いしていきたいと思います。


  1. 今日のわたし
  2. | comment:2
神戸の海 :: 2014/03/13(Thu)

koubenoumi20140312.jpg

3月12日。
とても暖かい一日。

主人と二人、どこに行きましょうか?
「久しぶりに海を見たいな」

そして、神戸の海を見に行きました。

こんなに凪いで平和な海の景色。

海岸にはヨットやクルーザーが停泊して 釣りをする人や日向ぼっこをする人も・・・

私たちも散歩した。

穏やかな一日なのに・・・わたしの心に海を畏れる気持ちがあった。

海の神様を祀る石碑がありました。

そこでお祈りしました。

3年前のあの日のことを思い出しながら・・・



  1. 今日のわたし
  2. | comment:0
わたしはわたしで良いので~す! :: 2014/03/08(Sat)

「IRIS」のドラマコンサートの時。
ビョンホンさんは花道をぐるっと回り、最後のあたりでどなたかと握手した。

あの時のわたし。。。
ビョンホンさんだって、もっと もっと近くに来たい。
そう想ってくださっているのだ・・・

そう想って とてもうれしかったの。
安全上のこともあるでしょ?
急階段の客席で、彼が握手して回ったら それは大変に危険な状態になったはず・・・

そんなこと、いつも頭にあるんだろう。
誰も怪我などしないようにって。

最後の方で、でも、自分の気持ち、あふれ出たんだろうと想いました。
あの時の「握手」・・・
あれは その会場にいたファン、全てに対する想いを目の前で見せてくれんだと今も思っています。

彼の気持ち・・・わたしも受け取ったと思っています。

わたしも、いろんなこと・・・企てて(爆)
空港のお迎えにも行きました。
ビョンホンさんはファンにもっと近く・・・そう想っていても、係の方が遮って、なんだかお迎えが中断しちゃったことも目撃したよ。

彼の体はひとつ・・・でも、彼に近づきたいファンは大勢で・・・
もどかしい関係でもありますね。

そんなこと、きっとビョンホンさんも十分、十分御承知で
それでも近くに来てくれようとする。

わたし、その気持ちだけで十分に幸せです。

今は近くで会えなくても、大阪にまた来てくださるってだけで、どんなに幸運なんだろうと思っているよ。

今日、ビョンホンさんのファン友だちとお話していて・・・
今まで、ビョンホンさんの行くところ、付いて回ったわたしが大阪だけしか参加しなかったこと。
「どうしちゃったの?」的に言われたんだけど~

わたし・・・やっと自分が楽なところに着地しただけなんだよ。

遠く 遠くのステージで小さく見えた。
あの東京ドームのビョンホンさんでさえ うれしくて涙でかすんだ あの時のわたし・・・

あの時のわたし。。。
原点なんだ。

新作の映画やドラマを心待ちにして、ファンミがあったら1回は行きたいの。
それぐらい・・・
でも、わたしの人生に輝く日を与えてくださるビョンホンさんに「アイシテル」なんて・・・
時々つぶやき過ごしてる。

これでも立派なファンですわよ~~!!!

追っかけまわさなくてもね。

わたしが心地よくファンでいられる着地点。
ここに落ち着くまで・・・それは長い道のりだったんだから~~

そして、原点に戻る。でした。
それだけのこと・・・


  1. 日々の泡
  2. | comment:0
春の花が心の中で咲きました。 :: 2014/03/06(Thu)

主人がドライブしたいって言うので、
「どこに行きましょうかね?」
1泊できるなら、淡路島やら四国に行けるけど・・・

あっ!そうだ!あの美味しいお蕎麦を食べに行きましょうよ。
そういうことで出石(いずし)に行って来ました。

出石と言っても、兵庫県民じゃないとわからないかも・・・
わたしは生まれも育ちも兵庫県ですし~

兵庫県は本州をぶった切って北は日本海に面しています。
日本海側には美味しいカニがたくさんいます(爆)
カニの季節には松葉カニと温泉も良いのよぉ。

そんな温泉地に行く途中で いつも立ち寄るお蕎麦の美味しい城下町が「出石町」です。

我が家は大阪に近いところ・・・我が家から130キロぐらいあったよ。

日帰りドライブの目的はお蕎麦だよ~ん。

こんなの 「皿蕎麦」っていうの。

sarasoba.jpg

若いころは5皿じゃ足りなかったはずなんだけど・・・今はこれでお腹いっぱいになりました。

観光名所でちょっと記念撮影もしてみたよ。

izusisi.jpg

お雛様の季節
歴史資料館みたいな古いお屋敷に明治時代のお雛さまが飾ってありました。

ohinasma2014.jpg

帰り道の「道の駅」で あまりお目にかからないお野菜を買って来た。

mitinoeki.jpg

「ムカゴ」は山芋の球根です。お塩してチンするとお酒の肴になります。
炊き込みご飯にするのも良いの。
「初めましてさん」は真ん中の「菊芋」でした。
生でスライスしたらシャリシャリして美味しいし、煮ても美味しかったよ。
お料理方法は道の駅のおばちゃんが教えて下さいました。

夫婦でのんびりドライブしたのでした。

帰って来たら、うれしいお知らせ。

ビョンホンさんの追加公演のこと。
ファンクラブで申し込んだ人は全員行けますのね!

わたし、ちょっと申し込みも悩んだの・・・
1度だけで良い。
そう思ってフェスティバルホールに行きました。
終わって 何故だかホッとした。
いつものこと・・・
お祭りの後の様な・・・
そうしたら、すぐ追加公演のお知らせがあって、わたしの胸がざわついたの。
だって・・・大阪だったから・・・
間髪いれず、追加のお知らせで わたしの平穏がザワザワしたの。
彼は今も わたしの心を乱すのだ・・・
うれしいような・・・複雑な気持ちだったよ。
遠くだったら あきらめてたかな?
でも、大阪に また来てくださるのだから!
やっぱり申し込みました。

でも・・・きっと抽選で外れるわ。
それは悲しいかも知れないし・・・ホッとするかも知れないな?
わたし・・・遠くから彼を見ているのが 本当に「平和」なんだよ。

それでも、「また会える?」
やっぱりうれしい気持ちもいっぱい!(涙)
複雑でしょう?
ごめんなさい。。。

王子さまが手を差し伸べて
「一緒に踊ってくれませんか?」
そんな幸運に恵まれる人は数人

そんなお姫様になれるはずもなく・・・きっと壁の花なんだけど・・・「花」だったらいいけど~~~(爆)

スポットライトが当たることは望まないの。
だって、あんなに大勢の前じゃ恥ずかしくて。
それに目立つ事も好きじゃないの。

ひっそりと暗いお席で 
それでも会えること、本当にうれしいと想うよ。
ありがとう。

「一瞬でも良いの?」
王子様は言いました。
そんな大変なことは望んでいないけど、「一瞬でも良いの」という気持ち・・・わからなかったの?
なんだよぉ(涙)バカ!バカ~!

わたしにとっては、それぐらい・・・・それぐらい・・・遠くて そして大好きで 眩しい人なんだよ。

これからの楽しみは「何を着て行こうかな?」
春の服を買いに行こう。
その頃は暖かくなっているはずね。
こんな楽しみ・・・わたしの生活を華やかにしてくれる。
壁際の一人のわたしでも・・・

春の花が心の中に咲きました。

  1. 今日のわたし
  2. | comment:2
忘れな草 :: 2014/03/01(Sat)

この花を名前と共に 初めて見たの。

もしかしたら、どこかでお目にかかっていたかも知れません。
でも、名前も知らず通り過ぎていたのだね。

小さな花でした。

forgetmenot.jpg

忘れな草。
別名 Forget-me-not

「幸せかい?」
わたしにそう尋ねましたよ。

わかる人にだけ わかる暗号ね?

I Love You

若くして 
まるで自分の体の羽を1本ずつ抜くように
身を削るように書いた歌。
わたしの人生の「ある時期」を その歌で彼は共に歩んでくれました。

尾崎豊さん

今、「幸せだよ」

そう答えて、なんだか涙を出ちゃったよ。

神戸の高台の温室にひっそりと咲いていた。
忘れな草ちゃんへ・・・

  1. 日々の泡
  2. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。