chaikoの日記




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
結婚記念日でした。 :: 2014/02/27(Thu)

2月26日は結婚記念日。

記念になるように 結婚記念日に納車してもらいました。
新しい車は嬉しいけれど、長年 一緒に過ごした車と「さようなら」するのは寂しいね。
朝、車と一緒に記念撮影しました。

そして、新しい車を受け取った時、サプライズ!
お花をいただいたよ。
結婚記念日ということもあって とってもうれしかったぁ

lexus20140226.jpg
サービスのひとつらしいけれど・・・
花束を持って 新しい車と記念撮影をしてくださいました。

そして、新しい車で少し神戸方面にドライブしたの。

風邪をひいていたので人ごみはパスして、須磨離宮公園へ行ってみました。
この公園はバラの季節に来ると本当に素敵なの。
今は梅が5分咲きぐらいでした。

umepink2014.jpg

このお庭には何回も来た事がありますけど・・・知らなかった。
連理の枝のクスノキがあったよ。

rennrinoeda20142026.jpg

この樹の下で主人と永遠の愛を誓いました。。。
というのは大ウソで~す

でも、まっ・・・良い記念になった1日でしたわ。


kusunoki20142026.jpg

連理の枝のクスノキは こんなに立派な樹。
写真を撮られているとも知らない旦那はん。


スポンサーサイト
  1. 今日のわたし
  2. | comment:6
最後列 :: 2014/02/22(Sat)

そうね。

席のこと・・・

チケットを受け取って 「どれ どれ・・・おぉぉぉ・・・あぁぁぁ」
「なんでやねん! 最後列やんかぁ」

そんな事もありましたわな。。。
それは「アリーナツアー」の時。
しかも初日よ。

正直に言いましょう。
わたしも腹立ちましたわ。

しかし、それが わたしに火を付けたの(笑)
予定していなかったのに「東京にも行きたい!」と思わせたのも事実。
それは「あなたみたいに暇じゃないのよ」と言われれば おしまい。
あい・・・すみません。ですし・・・

でも、その東京もファンクラブのチケットの予約は終わっていたので、またまた最後列でしたのよ。
それは承知の上で 「でも行きたかった」
友達が苦労して取ってくれた大切な席になりました。

後ろに誰もいないから「マスカレード」を立って踊りました。
隣の方は朗読劇の最中に豚まんを食べていた???
ご飲食はダメでは?
そんなことも「えっ?」って言うような「ゆる~い席」でしたけど
この代々木体育館の最後列は わたしにとっては本当に素敵な思い出なの。
それは自分の気持ちだったのよ。
チケットも無いのに「行きたい。行きたい。どんな席でも・・・」
そして、チケットを取ってくれた友達の気持ちも わたしの宝物です。

そして・・・思い出の中で 腹が立った大阪初日の最後列ですが
それも今では良い思い出なんだ。
大阪城ホールには大きなスピーカーが天井から下がっていて
そのスピーカーが邪魔でメインのスクリーンも見えなかったの。
でも、お料理するビョンホンさんが そのまま上から見えた。
幕の後ろで帽子を斜めにかぶってスタンバイするビョンホンさんが見えたんだよ。

そして、最後列仲間さん・・・大阪1回で「もう来れないの」
そんなファンクラブ仲間さんの健気な愛も知ったよ。
握手して別れたよ。
「今度は幸運に恵まれますように」
そんな気持ちを込めて・・・

今になってみれば全ての席が「私の席」
彼とわたしの距離は わたしの気持ち次第で遠くもなれば 近くになった。
そう想います。

今回、大雪の地方から、車で横浜に駆け付けた人もいた。
前日から「辿りつけるだろうか?」と心配する彼女が気になった。
ほんの少しでも その方と縁がありました。
わたしは横浜には行かなかったけど、「行けただろうか?辿りつけただろうか?」
そんな気持ちで 今回の横浜は参加したような気持ちになれたよ。
その方の席が どこかは知らない。

でも、彼女にとっては最前列に等しい席だっただろう。。。
苦労して辿りついた その席は最前列に等しい席だっただろうと想像できます。

言いたいのは・・・何だろう?(笑)
上手く言えないけど・・・本当に全て「わたしの席」に わたしの思い出があるから
全部、今では「ありがとう」になったって事なの。

ただ・・・1回だけ・・・
大きな打撃だった事があるの。
最後列のわたしに 前の方の席が取れた人が「むっちゃ優越感!」って
そんな事、言い放ったこと・・・

人と比べて喜びを感じる人と「友達」であったこと。
大きな間違いだと気が付きました。
気が付いたんだから・・・これも良かったかな?
そうかも知れませんね。

わたしは自分と彼との距離は自分で決める!
そう思えば・・・どんな席でも・・・

また、腹立ったら(爆) 次回にかけるわよぉ。
「おっぱ~~」待っててね~と思います。

でもさ・・・ファンクラブなのに抽選で外れるのは・・・本当にキツイね(涙)
「それぐらいファンが多いのね」って喜べるぐらいの天使ちゃんになれたら、本当に幸せだろうな。



  1. 日々の泡
  2. | comment:4
ふりむいたその場所に いまの自分はいない :: 2014/02/20(Thu)

化粧品のCMを見て「これ、欲しい」と思ったのは久しぶりだった。
可愛いピンクの口紅のCMだったの。

そして、CMのバックに流れている曲も とってもカッコいいや~ん!
これ、誰が歌っているの?
そう思って 画面に近づいてみたら JUJUちゃんですや~ん!!

彼女が「わたしの友達」になったのは いつだったのだろう?
今になっては「忘れた」

でも、覚えているのは あの頃、わたしは多くの友達がいたにもかかわらず
とても 寂しかったのだった。
孤独だった。
そんなわたしに沁み込んで来た 彼女の歌でした。
彼女の声が伝えた日本語の歌詞でした。

あの声に乗って その歌詞は優しく降る雨のように乾いた心を濡らしてくれた。
それは涙になって そして、思い出になりました。

今のわたし。
寂しくはないよ。
ほんの少しの友達と手を繋いでいます。

唇をピンクにして 春を迎えたい。
そして、とっても寛いでいるの。

心を乱すものは何もない今です。

歌はわたしにとって心理テストなんだよ。

「Door」
これはJUJUちゃんの新曲なんだけど、化粧品のCM曲の「Hot Stuff」と一緒に入っていました。

この曲の中で好きな部分はねぇ

「ふりむいたその場所に いまの自分はいない」ってところ。

わたし、本当に「自由」になったな。
こんなに寒い日でも 春の日射しを感じて歩いたよ。

夏の初めにJUJUちゃんにも会えるよ。
フェスティバルホールのチケットも取れました。
彼女にも お洒落して会いに行きますね。

doorhotstaff.jpg


大好きな彼の追加公演も今日、知りましたわ(爆)
情報は 遅くても 大事なこと 伝われば良い・・・そんなスタンスでございます。

その時の気持ち、その時の運にまかせて わたし のんびり小舟に乗って わたしの心の波まかせ
揺られて行く所存です。

では、JUJUちゃんの新しいCDを聴きながら夕食の準備をしますね。
楽しくね。

  1. JUJUちゃん
  2. | comment:0
チョコレートをつまみながら・・・ :: 2014/02/15(Sat)

「女って・・・たとえ年下の男であっても 抱きたいなんて思わない。抱かれたいって思うものよ」

この言葉・・・わたしは制服に身を包んでいた年頃に知りました。
おぼろげながら・・・この言葉の主は 安井かずみさんだったと思います。

お若い方はご存じないかな?
郷ひろみさんの「よろしく哀愁」なら知っているかな?
たくさんの日本のポップスの作詞をされた女性です。

わたしにとっては遠い憧れの まさに「大人の女」でした。
詩の他にも たくさんのエッセイ本があります。

その本の何冊かを 幼いわたしは まるで大人の女性の振舞い方を学ぶように読んだものです。
10代のわたしには 冒頭の言葉の意味など わかるはずもありませんでしたよ。

こんな ずっと昔に知った言葉を今、思い出すのは・・・
それはビョンホンさんに会ったからだ・・・

わたしは彼の事「おっぱ」とは呼べません。
それなのに わたし 彼をファンとして「支えたい」と思っても
「女」としては いつも甘えたいと思ってしまいます。

別に何もしてもらわなくて良いのだけれど

わたしが苦しい時
寂しい時
ふと思い出す人。

長いお付き合いの中で 彼はご自分の仕事について多くのインタビューで言葉を残してくださいました。
その言葉の中に わたしの力になる言葉を見つけることができるの。

その言葉に何度 助けられたことでしょう。
そして、お部屋のカレンダーの彼の甘い微笑みに目をうつすと
そっと そっと 抱きしめられたような感覚になるのです。

強さって優しさでもあります。
崩れそうな気持ち・・・彼に幾度となく救われました。
「男の人」の強さを体現したような人。
それがビョンホンさんでもあります。

そんな彼が 時に見せる寂しさや弱さ。
そんな一瞬を見た時、ふわぁ~って恋心が湧きおこるの。
「女」には「母性」が備わっているからかしら?

優しさに「抱かれてね」
一人でだって立てる強い あなたも・・・
彼の優しさに「抱かれてね」

そんなひと時・・・
横浜に行かれる みなさんに・・・
たとえ年上でも「おっぱ~」って叫んじゃえ~なんてね(笑)
日々がんばる あなたに!

ヴァレンタインデーのチョコ、ひとつ つまみながら・・・
つらつら思った事。
甘い気持ち・・・お持ち帰りくださいませ。





  1. 日々の泡
  2. | comment:0
ぽわ~んと幸せです :: 2014/02/13(Thu)

初めてだな・・・

誰も「間」にいなかったの。

「お洒落して来てね」
その言葉のとおり お洒落して行きました。

「は~い!は~い!」と手をあげる勇気もなかったけど
それも わたしらしい。

わたしにとっては もう終わってしまったけど 後はお友達に託します。

日が暮れて 外に出ると雲がふんわりかかったお月さまが 丸かったよ。
ふんわりした 仄かな光でした。

なんだか とっても幸せだよ。

いつも拍手のところに非公開でコメントをくださるKちゃんへ・・・
「とっても幸せ」です。
楽しかったよ。
楽しみにしていてね。
風邪ひかないようにね。
いつも ありがとう。


  1. 日々の泡
  2. | comment:0
美しい彼女 :: 2014/02/09(Sun)

「かけた情けは水に流し、受けた恩は石に刻め」

この言葉はどなたの言葉でしょう?
わたしは 最近、とある有名人が座右の銘として紹介してくださって知りました。

わたし・・・この言葉を知って 本当に気持ちが楽になりました。
わたし? 受けた恩をすっかり忘れ、かけた情けを石に刻む未熟者でございます。(涙)

縁あって知りあって・・・本当に良く知っている。親しくなりすぎて 我がままにもなり まるで小学生か?
そんなケンカもし(恥ずかし)
でも、考えてみれば・・・わたし、子供の時以来、心底 お互いさらけ出し ケンカなんてする友達いなかったよ。
そう思えば、本当に濃密な関係だったのだろうと思います。

水に流し過ぎて「さよなら」(爆)
どうしても理解し合えない人とは 傷つけあうなら距離を置いてみるのも知恵のようにも思います。
やっぱり心穏やかに過ごしたいの。
これも本音の未熟者です。

ずっと後に会った時、わぁ~って抱き合える日。
そんな時が来るといいね。

先日、ビョンホンさんのツアーに参加して来た事は書きましたけど・・・
その会場で 久しぶりになつかしい友だちに会えました。

後に人から聞いたのだけど、その彼女にはとっても素敵な それは夢のようなことがあったのです。
でも、彼女は わたしには何も言いませんでした。

「あ~、彼女らしいな」
わたしは思いました。

一緒にお風呂にも入って(爆)ケンカもしたよ。
朝の通勤電車から よくメールも送ってくれました。

「ちゃいちゃん、今週の女性自身のびょんちゃん、鼻血ぶ~やで~」とかね。

彼女のお父さまが亡くなって しばらくたった時・・・
「ちゃいちゃん、今日、出られへん?」といきなりメールが来たの。
わたしは洗濯の途中でしたが、待ち合わせの場所に駆け付けました。

一人でお家にいるのが 堪らなく寂しかったそう。
別れる時、「今日はありがとう」
そう言って鶴橋の駅の改札に消えていった彼女の背中・・・
今も一番の思い出です。
「寂しい時、わたしを思い出してくれて ありがとう」
そんな気持ちです。

わたしに素敵な事、内緒にしたのは わたしが妬くと思っているの?
ううん・・・きっと それは違います。
よ~く わたしを知っているからです。
それは「自分と同じ」
そんな部分だと思います。

素敵なニュースを聞いて
わたしは本当に彼女に その幸運が舞い降りて 良かった(涙)
そう想いました。

本当に・・・他の人・・・誰でもなく・・・彼女でうれしい。

当日の彼女はとっても美しかったそうです。
とってもお洒落したんだな。
わたし、ビョンホンさんにも会いたかったけど、その日の美しい彼女に会いたかったな。

「かけた情けは水に流し、受けた恩は石に刻め」
この言葉、忘れないで生きて行こうと思います。





  1. 日々の泡
  2. | comment:0
고마워요 Mr.Lee byung hun :: 2014/02/06(Thu)

今日、やっと大阪の最終日の「ON TOUR 2014」に行って来たよ。

一人で行くのは東京ドーム以来なので ちょっと心細かったの。
でも、チェジュドの20周年の時に一緒に行ったお友だちや その時に知りあったお友だちにも会えました。

そして、これって縁だね~
隣の隣は、な~んと今まで行く先々で会った・・・お名前は知らないけど(笑)
「あら~~~、また会いましたね」さんだったよ。

思わず手を握ってくださって・・・本当にこういう縁も「おつ」ですね。

ビョンホンさんがおっしゃったような「アットホーム」な雰囲気は客席にも溢れていたんじゃないかな?

これからツアーはまだ 続きますから多くは語れませんが
毎回、違うお歌のコーナーで わたしの好きな1曲があって 
「その歌を聞きたいな」って心で念じていたのだけど
本当に幸運にも その歌をビョンホンさんで聴けました(涙)

ビョンホンさんにとっては「一番当たってほしくない」そんな歌だったそうだけど・・・
うん・・・難しい楽曲だよね。
素敵だったよ・・・
韓国語バージョンもあるのに日本語の歌詞で歌ってくれて感激です。

고마워요 ビョンホンさん・・・

わたし・・・「いつもいつでもそばにいるよ」
その歌詞の部分で泣いてしまったやんか~
今年の冬の底のような寒い空・・・
チラチラ小雪も舞う中で
雪の結晶のように 純粋に美しい気持ちだけ
そんな気持ちで これからも応援します。
わたしもずっとそばにいます。。。

いっぱい楽しませようと忙しい時間をぬって考えてくれたんだね。
日本語って難しいのにね。

わたし的にうれしかったの。
韓国語のヒアリングがずいぶん上達しました!(笑)
あなたの言葉・・・ダイレクトにわかるようになったよ。
また4月からも韓国語をがんばるね。

10年・・・一緒に過ごした日々。。。
いろんなこと思い出して、今、お家です。

温かかった・・・
ビョンホンさん・・・お幸せなのがよくわかりました。
信じてくれていた・・・
ビョンホンさん・・・一生、友達でいてね。

寒い冬の日。
残っているのは ビョンホンさんの温かい気持ちと そして、お友だちの手のぬくもり。

「また会いましょう」


  1. ビョンホン
  2. | comment:4
悲しい・・・悲しい :: 2014/02/02(Sun)

わたしの大切な人・・・
会ったこともないけれど、その人の心には透明な湖がありました。

わたしが夜のカフェテラスに座っていたら
きっと彼女は 少し離れた席に座って
わたしが気が付いたらウィンクするような

決して 人の心にむやみ踏み込んでは来ない人。
でも、わたしの心の声を敏感に察知にして
いつもそばに
そっと
いてくれた・・・

そんな大切な彼女。
真っ白な百合の花。

あんなに楽しみにしていたのに・・・
どうか今日は泣かせてください。

ビョンホンさんへ・・・
あなたを愛するファンが 必ずしもその場にいるとは限らない。
それをわかってくださっていることは 今までの言葉で良く知っています。
全てのあなたを愛する人を抱きしめて・・・
彼女のこと・・・抱きしめてあげてね。
その場にいなくても・・・心はあなたの側にいる あなたを愛する人


  1. 日々の泡
  2. | comment:0
わたしは友達だから・・・気楽にね :: 2014/02/01(Sat)

手を洗おうと腕まくりすると ふわっと香水の香りがする。
もうすぐビョンホンさんに会える・・・そんな今日、この香水の香りが思い出させてくれたのは
「ON STAGE 2011」の時の事だったよ。

わたしはビョンホンさんに会う時は いつも香りを付ける。
思い出が香り付きになるようにね!
ビョンホンさんに会うために
そして、自分の思い出のために香水を選ぶの。
今日、付けていたのは たまたま「ON STAGE」の時に付けていたDiorだった。

「お洒落して来てね」
この言葉、うれしかったの。
女心・・・ご結婚されて よ~くわかった?(笑)

撮影中の来日のツアー。
お忙しい中、もしかしてファンクラブのお約束だったら、本当に申し訳なく悲しいじゃない?
でも、東京ドームの後、お手紙くれたよね。
秋元さんのご本の中で・・・
あんなにファンと会うのを喜んでくださった。
それを思い出すと、「きっと あなたもファンに会って幸せ」
「元気をもらいます。
勇気がでます。」
その言葉のまま・・・信じています。
負担に思わず、親しい友だちが待っている。
そう思って 楽しい時を過ごしてくださると思いましょう。
がんばってお洒落して行くね!

そうだ!
「アリーナツアー」の時も「ノム×3」の撮影中だったんじゃ?
今 思い出すあの時のビョンホンさんは今にして思えば・・・可愛いバージョンのチャンイだったよ。
大好きなチャンイだもん。
あの頃、映画はまだ未見だったけど、今、あの時のビョンホンさんは本当にお宝だ。
わたし、「グッド・バッド・ウィアード」は何回観に行ったかな?
夏の映画館のクーラーの冷気まで覚えているほど・・・

今度のツアーも きっとわたしの人生の大切な思い出になるはず・・・
もしかしたら、最後になるかも?
そんな事も思うの。
本当にスクリーンのあなたが最高!って思うから。

スクリーンで会うだけでも十分満足。
それでも、あなたが会いたいと言ってくれたら 行っちゃう?
うん!うん!
いつまでも わたしを友だちだと思っていてほしい。
わたしも、いつもいつも想っている訳じゃないけど(汗)
「どうしていらっしゃるかなぁ」って想う と・も・だ・ち フン!

濃密な再会をしましょうね~
奥さまが妬いちゃうくらいね(爆)
あら?だって、男女の仲ですも~ん。
友達だって ハラハラドキドキじゃなくちゃね~

以上・・・こんなこと、つらつら考えながらブログを書くのも楽しい。
もうすぐ会える!直前!
この幸せ~~~ハートを付けておくっ

  1. ビョンホン
  2. | comment:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。