chaikoの日記




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
冬の雷 :: 2017/01/21(Sat)

冬にも雷って鳴るんだね。

昨日、わたしは お仕事だったんだ。
午後の診察に出かける時、3時半ごろ。
家を出るときは 雨も降っていなかったんだよ。

なのに・・・ほんの数分で暗くなり 急に風がびゅ~びゅ~吹き始め
横殴りのみぞれ混じりの雨になりました。

通勤の道は 小学校の通学路でもあって
下校時の子供たちも きゃ~っと言いながら駆け出した。

交差点で信号待ちをしている時、その時!
空が ピカッと光り ものすごい雷の音がドッカンと鳴った。
思わず キャッと声が出たよ(笑)

しかし・・・
ふと交差点の向こうに目をやると 
恐怖のあまり駆け出した女の子がドタッと足が跳ね上がるくらいの勢いで転んだの。。。

あらら・・・
痛そう・・・
その場に中腰になって 泣いてるわ。

信号が変わって その子の元の駆け寄った。
駆け寄って来たわたしを見るその子の目は・・・
余程 怖かったのだろうね。
まるで わたしにすがるよう・・・

「こわい。こわい」と繰り返す か細い声。
細かいくせ毛の髪が すでにぐっしょり濡れている。
おまけに膝から血も出てる。

「傘、持ってないの?」
「持ってないの」

1歩も踏み出せない 寒さと怖さで震えてるし

傘に入れて 一緒に行くしかないじゃないか・・・
「お家はどこ?」
「あっち」
「がんばれ、がんばれ」と言って 傘に入れて歩かせた。

まぁ、一緒の方向だしね。

いつの間にか その子の肩をしっかり抱いていた わたし。
その子の手は わたしのコートの背中のあたりをしっかり掴んでいる。

会社 遅刻しちゃう・・・
そんな心配も 少ししたけど
それより そんな寒くて濡れちゃう状況で
わたしは なんだかポワ~ンと幸せな気持ちになった。

「可愛いわ・・・可愛いわ・・・」

小さな肩だ・・・コートを掴む 小さな力。

その子は 最後に「ありがとうございます」と
しっかりとご挨拶をしてお家に帰っていったよ。

職場に着くと案の定 半分傘から出ていた わたしのコートは雨でぐっしょり。

それでも なんだか 本当にホッコリ気分。

子育って楽しいことばかりとは限らないけどさ。
世のお母さん・・・うらやましいな。

仕事が終わって 改めて その時のこと 思い出すと・・・

子供がいなくて不幸だと思ったことは一度もないけど
今ある幸せで 十分の幸せだと わたしは思う心も持っているけど・・・

もしかしたら 持てたかも知れない。。。もう一つの幸せを思った。

そして、近くの幸せは見えなくて苦労ばかり見えちゃう時だってあるかも知れないけれど
お母さんたち。。。がんばって
いいなぁ。って思った。

冬の雷がくれた ほんの小さな出来事がわたしの心にさざ波をたてた。
そんな一日でした。




スポンサーサイト
  1. 日々の泡
  2. | comment:0
素敵なものは突然やってくる :: 2016/09/29(Thu)

書きたくなったら 書こうかな?
そう思ったまま どれだけ日々が流れちゃったかしら?

パソコンも開けないまま 夏も過ぎてしまいました。

夏休みは夫と温泉に行ったものの 写真もカメラの中に収まったままです。

今晩は ふと書きたいと思ったの。

あるドラマの録画を観たの。

静かな時間が過ぎていきました。

CMで 気持ちをそがれることもない。

若い女の子の甘い恋は もう ちょっと辛かったりする年齢なんだ。

日常の中に そんな夢みたいな お話・・・あるわけないじゃん・・・なんてね。

豪華なマンションのエントランスの階段は まるでシンデレラが上って行った階段のよう・・・

おとぎ話の中に現実の45歳の心も覗ける。

からかわれてる?

なのにふわりと舞ったストールに夢を繋いだりしてね。

素敵なドラマの始まりを予感しました。

そのドラマは・・・

「運命に、似た恋」

主題歌もCoccoさんの「樹海の糸」で・・・
とっても懐かしかった。

すぐに思い出せなかったんだけど(笑)
CDを持っていたはずと今、戸棚を探していたところ。

今後も楽しみなドラマでございます。

毎日 とっても忙しいんだけど こんなドラマを見ているひと時は
貝殻の中に閉じこもって夢を見ていられたら いいな。





  1. 日々の泡
  2. | comment:2
こうして生きていることも・・・ :: 2016/04/23(Sat)

熊本の地震のライブカメラの映像は見ることができないほど・・・

かつて阪神淡路大震災で経験した恐怖が蘇ってきました。
胸の鼓動が激しくなって 

わたしの胸の奥深くに眠っていた あの漠然とした不安が
また沸々と泡のように湧き上がってきて

こうして雨風しのげるお家にいることも きれいなお水が水道から出てくることも
温かいご飯を食べられることも・・・

幼い頃から 当たり前にあると思っていた馴染んだ土地の景色。
故郷の景色も・・・

風に吹かれ お日さまの温もりを幸せと感じること。

そして何より愛する人の温かい手が すぐ側にあること。

全てが どんなに貴重で そして その半面 一瞬で儚く崩れ去るかと言うことも
全て 全て思い出しました。

わたしは 何て ちっぽけな事で悩んでいたんでしょう?

生かされている命でありました・・・
いろんな想いがありましたわ。

本当に微力ではありますけれど 今年のふるさと納税は被災地にしたいと思います。

今日は母の髪を散髪しました。
そして実家を 隅々まできれいにお掃除して来たよ。

懐かしい実家の匂いでした。
両親に会いたくなったの・・・

もしかしたら・・・
「明日死んでしまうかも知れない」
「大切な人を 明日 亡くしてしまうかも知れない」
これが わたしの胸の奥深くに眠っている漠然とした不安の正体かも知れません。
でも これは事実です。

それでも 今日も生きています。

曇り空の窓の外。
今は花の盛りになりました。
ハナミズキ。

自然の脅威におびえながらも こうして花に癒されるのね。

hanamizuki2016.jpg

この一瞬も もしかしたら奇跡のように 生かされている命のつながりね。
ハナミズキの花ことばを見て驚いたわ。

一生懸命 生きていかなくちゃ。

家も残りました。
家族を亡くすこともありませんでした。

それでも わたしの人生観を変える 地震だったよ。阪神淡路大震災。
あの時のこと いつまでも忘れられません。

今 雨に降られているだろう。
その地の人に
一日でも早く 元の生活に戻れますように。

心から 祈っています。





  1. 日々の泡
  2. | comment:4
ゴシゴシ スポンジ Smile :: 2016/04/09(Sat)

smile.jpg
うへっ!きゃわいい

これはお風呂スポンジです。
ゴシゴシ・・・ゴシゴシ・・・

わたし、最近 気が付いたんだ。

「うわぁ、悪い気が流れてくる~」って思う瞬間があることに。
金曜日は まさにソレ!

どうして そんなふうにしか受け取れないの?
みっともないよ・・・

本人は気が付いていないだろう。
わたしが嫌な気持ちになっていることに・・・

関係もない人に どうしてそんなにひねくれた視線を向けるの?
まぁまぁまぁと・・・以前なら適当に同調していただろうね。

今は嫌だ。
知らんふりした。

人を妬んだりするのは とってもカッコ悪いよ。

人生は螺旋階段。

失敗したら そこから何か拾いたい。
わたしはとっても大きな失敗したから
なおさら そう想うの。

自分で腐ったら・・・おしまいだよ。

学ぼう・・・

そう思った。

そんな「気」に触れて 嫌な気持ちになったらお掃除だ。
ピカピカになったら 気持ちもとてもスッキリ。

ありたいと思う自分は高い理想でもね。
めざしたいよ。

人から見た幸せじゃなく自分が感じる幸せ・・・
そんな幸せを大切にしたいね。

そんなこと 思いながら・・・お風呂掃除してたんだ。
チカラ 入っちゃった(笑)




  1. 日々の泡
  2. | comment:0
その日 わたしは :: 2016/03/05(Sat)

その日、わたしは夫と京都に梅を見に行っていました。

それが「その日」であることも忘れて・・・

ume20161.jpg

北野天満宮の梅園です。

梅の匂い・・・仄かで好きです。
これぐらいたくさん咲いていないとわからないぐらい・・・

ume20162.jpg

梅花祭りも終わって人も少なめでのんびりしたよ。

そんな日がその日の夜 「その日」であったこと・・・知ったよ。
静かに知ったよ。
胸にさざ波も起きることもなく・・・

この10年、ある世界にどっぷり浸っていたけれど
そこで わたしが発見したこと。
それは「わたしって嫌われものなのね」
それだった。
そう知った時から人には期待しなくなった。
表になら、偽名でいいからコメントを書いて・・・そんなことも言われた。
偽名か・・・わたしと繋がっていることは そんなに恥ずかしいことなのね。

自分からメールもしない。
電話もしない。

それでも「その日」のこと、誘ってくれた人もいて
「もし行っていたら・・・会えたかも知れないね。」
なんて言ってくださる人もいる。

仄かな香り。
わたしの周りにも・・・

耐えた日々も もう終わりにしても良いよね?と自分に問うてみた。

春が来たね。

韓国語の学校も4月から新学期。
やっと上級クラスに進みます。
一緒に行こうよと誘ってくれた友達もいたんだったわ!

わたしの長い冬も終わりにするわ。

冬の間、小さな手袋のように わたしの手を温めてくれた人に感謝しています。

ありがとう。




  1. 日々の泡
  2. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。